HOME | 会社理念 | 会社のめざすところ

会社のめざすところ

 

会社理念

食べることやつくることの楽しみを通じて、
みんなが笑顔でいられる健康なくらし方を提案したい

 

どうして、この会社はあるの?

①伝統文化が証明する物や暮らしの本質を常に学び、
 子・孫・ひ孫らがその先ずっと暮らせる場をつくりたい
②究極の健康を追求し、一人でも多くの幸せに貢献したい
③地域の特産や気候を活かし、地元に密着したonly1のものづくり

 

私たちは、どのようにしていきたいのか?

①真似できないものより、真似したくないものを目指す
②自然素材や人工に関わらず、体に害の無いものを提供したい
③社員が夢と魂を持てる職場環境にしたい
④権力より実力、格好より本質、値段より価値、当たり前より感動
 を重視したい
⑤お客様の不安を取り除き、わかりやすくしたい

 

くらしスタイルふくろやのロゴマークの意味

太陽と水と緑は、暮らしの中では、欠かせないもの。この3つがあると、緑は光合成をし、空気を作り出す。やがて新芽は木になり、火を燃やす燃料にもなる。「ふくろや」の袋の中には、土やミネラル(鉱物)が入っていて、新芽が出ているのは、袋の中から新しいいのちの幸せが誕生したことを意味し、私たちは暮らしの形(スタイル)の原点をしっかり見つめ直し、その時代に合った形を提案し続けていきたい。

創設秘話ストーリー

新建材との決別>秋田憲司氏との出会い>自宅を無添加仕様にリノベーション>化学物質過敏症の方との出会い>(株)無添加住宅本部での経験

 
  

わたしたちが やりたくないこと


    • 私たちがやりたくないこともあります。
    • やりたくないというのは、決して面倒だとかいうことではありません。
    • これをしてしまうと、最後には結局お客様に負担がかかってしまうのと、家本来の目的からずれていってしまうからです。企業の目先の利益と流行りだけに惑わされてしまうと、極端に言えば、不健康で長持ちしない家になってしまうからです。
 

かつてマニアックなデータマニアだったから気付いたこと


 私は小さい頃からメカが好きで、家電やAV機器となるとカタログで各社のスペックなど性能をよく比較していました。その後、建築の道に進んだ時も同じく、建築設計で素材や設備機器を選択する時は、カタログのデータの比較をし、最先端の物をたえず追及し続けていました。しかし、このことが今後、自分の愚かさに気づき、最先端を競い合うものは、見失うものがあると悟った。

家づくり8つのポリシー


①晴耕雨読なくらしができる
②体と家にやさしい快適さ
③ロングライフデザイン
④環境にやさしくパッシブな省エネ
⑤深呼吸のできる住空間
⑥完成した後から本当のお付き合い
⑦強くて丈夫
⑧手しごと施工のチェックと技術向上

設計8つの特徴


①光と風、緑、水辺、空間の調和
②悠久美
③居心地の良さ
④素材の耐久性
⑤環境と省エネに配慮
⑥伝統文化の継承
⑦家族目線のくらし
⑧連続性と端正なディテール
さのまちゼミ・ポータルサイトは、コチラ