HOME | 会社理念 | 創設秘話

創設秘話・ストーリー

 

新建材との決別

私は大学卒業後、大阪に本社のある栗本建設工業(株)に就職し、現場監督を経験した後、ビルやマンションの設計を行っていました。住宅と違い、このような建物は実際の住む方とのお話ができなくて、ビルやマンションのオーナーさんとお話しすることが多いのです。そうすると、住んでいる人の気持ちがあまり伝わってこず、デザインや間取りも一方通行になることが多く、その当時は接着剤や塗料、石油製品といった新建材が当たり前でした。素材は、機能性とコストばかりを追求し、常に最新のものを探し求め、それを満足させることが最高のものと思っていました。
 
やがて、住宅の設計に携わり、実際住まわれるお客様と直接ご意見やご感想を聞くようになりました。その当時はシックハウスという言葉や自然素材という言葉が少し耳にするようになった頃でした。新建材も価格競争で限界を感じていた私は、これからは自然素材の路線で行こうと決意はしたものの建材業界では、まだまだ高価なものだし、施工も誰もが試したこともなかったので、うまくいくかどうかもわからないままでした。
 

秋田憲司氏との出会い

そんな2000年冬に、無添加住宅の開発者である「秋田憲司」氏と出会い、私が当時在籍していた会社は無添加住宅正規代理店第1号として歩き始めることとなりました。
その時、今までやっていたことが根底から覆されるようなことが次々と知ることとなり、私の頭の中は真っ白になってしまいました。建築は建築学的に考えるのが当たり前であったのが、生物や化学といった切り口で建築を考えているということに感銘を受けました。
「コンクリートが自然素材でしかも木よりコンクリートの方が体にやさしい」というのです。私はわけがわからなくなりました。しかし、思い起こせば、大学生の時、建築家の安藤忠雄氏の講演会で「コンクリートは天然素材だ」と聞いたことがありました。
もしかすると・・・と思い、秋田氏に深く訳を聞くと、「無機物と有機物のちがいってわかりますか?」と聞かれました。私は、正直、答えることができませんでした。「無機物は石などのように何も発しませんが、有機物は自ら身を守ろうとして何か発しているんですよ(中には例外はありますが)」と答えられました。「なるほど!」と思い、これが無添加住宅に没頭するきっかけとなる始まりでした。それからは、この法則を基に素材を判別すると、とても明快な答えが出てくるではないですか。
私はこの会社から半年間、旧秋田ハウジング(株)【現(株)無添加住宅】へ出向に行くことになり、秋田憲司社長のもとで無添加住宅のことを全て教わることとなりました。
その後、2002年8月に大阪・千里万博公園の住宅総合展示場で全国初となる無添加住宅のモデルハウスが完成し、私はここで5年間、たくさんのお客様と出会い、またたくさんの喜びを頂きました。
 
    

自宅を無添加住宅にリノベーション+DIY

旧秋田ハウジング(株)【現(株)無添加住宅】への出向から戻ってくる際に話や知識は色々勉強になったのですが、実際に住んでみないと、お客様へお勧めできないと思い、この際自宅を無添加住宅にリノベーションしようと決意しました。
そこで、自ら現場監督をやってみることにし、壁の漆喰は家族で塗ることにしました。そこで自然素材というものは、生半可な気持ちでは施工できないと悟り、この時の様々な現場での出来事も良い経験となりました。ある程度が完成した後、妻と二人でDIYをすることにし、少しずつ時間をかけて家具や本棚、庭なども自分たちで作り上げていきました。
 
   
  

化学物質過敏症の方との出会い

私が無添加住宅の仕事に携わった初めてのお客様というのは、 シックハウス症候群対応の新築分譲マンションを購入したが、体の調子が悪くなる一方で、シックハウス症候群よりもひどい化学物質過敏症という症状にまでなってしまった方で、その問題となっている住戸をリフォームをして室内の環境を改善したいという方でした。このマンションは、シックハウス対応と名ばかりで、法律で定められているホルムアルデヒドの規制を考慮しているということだけで、自然素材は使用せず、新建材ばかりで構成されていました。私は秋田氏から聞いた法則と無添加住宅の素材でなんとか化学物質過敏症仕様にリフォームし、完成させ、症状も改善することができました。この瞬間、今までには体験したこともない達成感と感動を覚えました。お客様が心底喜ばれるということは、こういうことなのか・・・また、法律は何も守ってくれず、最新の新建材にも勝ったという心も同時に覚えました。

 
   

化学物質過敏症専門担当に

やがてシックハウス症候群や化学物質過敏症の方が来られると必ず私がご相談させていただくこととなり、ある日、重度のアトピー性皮膚炎と化学物質過敏症を併発されたお客様が来られ、この方も新築分譲マンションを購入したが、症状がどんどん悪化し、改善したいというのです。お顔は大変失礼ながら、症状がとてもひどく、ご結婚当時のお写真を拝見させていただくと、あまりにもそれは変わりようで、一日でも早く改善させてあげたいという気持ちでいっぱいでした。その後無事、工事を終えたのですが、すぐには住まわれず、私はその方の症状が気になって仕方がありませんでした。数ヶ月が経ち、一通のお電話があり、「とても症状が良くなり、お顔も写メールを送りたいほど改善された」というのです。私は、この一報に涙が自然と溢れてきました。
本当のことを早く知って、気づいて欲しい。
やはり、世の中の人を苦しめている新建材を使わない。また、法律どおりやっていれば大丈夫という安易な考えも捨てました。
 

株式会社無添加住宅本部へ転職

ある転機が訪れました。それは、会社が無添加住宅の仕事から手を引くというのです。私は、こんな人のためになる仕事を手放す訳にはいかず、秋田氏に事情を話すと、私のもとに来て、一緒に働きませんか?と言ってくれたのです。私は、もうこれ以上の幸せはありませんでした。ずっと憧れていた会社に入社でき、初めは商品の開発部門に配属され、日夜、実験の繰り返しで、素材の極限まで追求しました。私は、こんな素晴らしい無添加住宅を全国の人に一人でも多く広めたい。そんな思いで、代理店営業の仕事を願い出て、全国の代理店を巡業していくことになりました。私も代理店出身なので、代理店の立場は十分理解していましたが、全国ともなると、真面目にコツコツと無添加住宅を取り組んでいる会社もあれば、名前を売っているだけで、ほとんど取り組んでいない会社もありました。私は、せっかく良いものと確信していましたので、これを真剣に取り組んでもらうことによって、全国の知らない人に1人でも多くの人に知ってもらえるよう尽力しました。
 

独立することを決意


無添加住宅の代理店で7年間、(株)無添加住宅本部で8年間、合計15年間【無添加住宅】に携わることができ、私として最大の知識と経験を身につけさせていただきました。全国の代理店の方々を見ていると、私も自分の生まれた故郷で、無添加住宅を広めて、1人でも多くの人のためになりたいと思い、2015年12月に独立し、自分で無添加住宅の代理店を経営していこうと決心しました。
 
今では、色んな法律や経済の仕組み等が絡んで、最新鋭の住宅がお客さまにとって本当に良いものか。お客様は、一体何を信じて家を購入すれば良いのか早く知って欲しい。永久に長く持つ家はもう果たして無いものか。ということを日夜考えながら、この無添加住宅を一人でも多くの人に知っていただき、一人でも多くの人に住んでもらいたいと願っております。

かつてマニアックなデータマニアだったから気付いたこと


 


無添加住宅原点視察ツアーで学んだこと


 
さのまちゼミ・ポータルサイトは、コチラ